ジェンナーの会とは

私たちのミッション​
日本のすべての小児の予防接種の定期接種化の実現のため

ジェンナーの会の活動趣旨

予防接種、こどもの病気予防についての教育研修、教材開発機関として活動します。


​ミッション実現に向けての役割

  • ワクチンで防げる病気と公衆衛生についての意識向上と普及啓発活動
  • 子育てをする保護者を支援する
  • 小児医療サービスの向上を支援する

​具体的な活動内容​

  • 乳幼児のワクチン、薬、病気予防についてわかりやすい教材開発
  • ワークショップ•教育研修会 開催
  • Eラーニングの配信
  • 予防接種受付予約システム ちゅうしゃうっ太郎インフラとして利用した、普及啓発活動Uttaroを育てるProject認定 教習期間
  • チャリティを目的としたグッズの制作販売

ミッションを果たす理由 日本の予防接種事情

日本は、医療の先進国と考えられていますが、病気の予防、殊に小児の予防接種については、世界の後進国といわれています。経済的格差、ワクチンや公衆衛生、感染症についての教育啓発不足、新薬認可の遅れ、接種履歴台帳の不整備などから、毎年、かからなくてもよい、防げたはずの病気にかかって、苦しんだり、命を落とす子ども達が後をたちません。

ジェンナーの会は、医療、子育てに携わる人でなくとも、一般の市民が、こどもたちの未来と健康を考えて、楽しく、効率的に学び、関われるインフラとコンテンツを構築します。

より多くの方に知っていただき、関わっていただくために。



ジェンナーの会は、医療、地域、子育て世帯をつなぎ、さらに、一見これらに関わりのないと現状思われている、一般市民、学生、企業にも関心をもっていただき、日本全体で、日本のこどもの病気予防と家族の健康を支援するムーブメントをつくっていきたいと思います。



そのために、効率のよい活動方法として、クラウドを新しいメディア、インフラとして利用しながら、情報共有と啓蒙を行っていきます。

設立​ 2013年1月


​会長 石井 桂子

​理事

ビープラスシステムズ株式会社 代表取締役 服部祥三

さかぐち小児科医院 院長 坂口正実

有限会社デジタルマイスター 代表取締役 藤川昌浩
薬剤師 那須良子

 

 

所在地

大阪市鶴見区緑1丁目15番18号 ビープラウシステムズ内

大阪市鶴見区緑1丁目15番18号
ビー

ビープラスシステムズ株式会社 内 ジェンナーの会

© ジェンナーの会